[現在位置] HOME >> 元気なシニア応援PJ >> File1 湘南歌声喫茶のリーダー 西 信光さん(73歳)

File1 湘南歌声喫茶のリーダー 西 信光さん(73歳)-1

 人生を音楽に乗せて歌う。湘南歌声喫茶のリーダー。
湘南に評判の歌声喫茶のミュージシャンがいる、と聞いた。
ここは湘南茅ヶ崎。当財団理事であり、早稲田大学大学院教授ダニエル・ドーランの地元にあるショットバーで岡川と話が尽きない。テーマは、“シニアグランプリとは何ぞや”と云う当財団発足以来の、答えを導くになかなかの難題。

話のなかで、映画『YOUNG@HEART』(2008 Walker George Films“Young at Heart” Limited.)で大いに盛り上がった。平均年齢80歳のロックコーラスグループのドキュメンタリー映画。音楽監督とコンサートマスターを務めるボブ・シルマンのもと、地元ノーサンプトンの公営住宅に住む高齢者:素人歌手を集め、ロックやR&Bを歌うという粋なコーラスグループを育てていく。悪戦苦闘しつつ聴衆の支持を集める熱唱が受けていき、やがてロッテルダム公演を成功に導き、続々と大ホールを超満員にするコンサートをやってのける。大ホールを超満員にするまでにそれ相当のアクシデント、苦悩劇があり、高齢のため持病で他界する仲間が出たり、挫折者も出る。しかし、理念と理想に燃えるコンサートマスターの執念と、参加スタッフ一人ひとりの歌に対する深い思い入れとたゆまぬ修練の賜物……実話を映画化した、元気なシニア人生を描いた傑作である。

ひとつの答えとして、シニアグランプリと云うのは、生き方、自分の人生をよりよいものに、高みに向かって挑戦するその姿ではないかと言うところに落ち着いていく。

思い出したようにダニエルが
「歌と云えば、茅ヶ崎で70歳を超えた高齢者がアコースティックギターの弾き語りで評判の人物がいるよ」
早速、聞き込んだ喫茶店に向かう。当日は出演の予定はなく、詳細を仕入れてアポイント取りとなる。

 
1